何か新しいことにチャレンジしたい!と思いウェブサイトを開設しました。沢山の方が楽しめる有益な情報を発信していきます!

ボレーで勝負をしてはいけない

皆さんは安易にボレーで勝負しにいっていないでしょうか。多分僕の間違いではなければそこまでのネットプレイヤーはごく少数ではないかと思います。

僕もそうです。ネットプレイヤーではありません。そのためボレーで勝負には行きません。

ボレーで勝負する選手とは

ネットを取り、そしてしつこさがある選手です。ボレーを決めるだけではなく相手に無理をさせてミスを誘います。

勿論パッシングショットも打たれてしまう時もありますが、最終的にポイントが多く取れてそして大事なポイントで相手に圧力をかけられる選手のことを指します。

ある程度追い込んでからボレーに出る

僕の場合はある程度追い込んでからネットに出るようにしています。大体70%の確率でをネットでポイントを取れればよしとしていました。

そのためにはどのようにしてボレーにつなげる必要があるかというと、やはり相手のオフバランスを狙わないとなかなかネットを取ることができません。

オフバランスを狙うために必要なショット、そのショットを打つためにはその前にどのようなボールを打つ必要があるか逆算し、いわゆる展開をしていく必要があります。

常にアプローチを想定する

ボレーで勝負に行かなくても常に前に行く姿勢はとても大切です。ラリーは何のためにするのでしょうか?エースを奪うだけではなく、ミスさせたり、オフバランスを狙います。

自分の打ったボールの手応えによって短いボールを予測して予測が正しい場合はすかさずアプローチに入りネットを取ります。

スティールをねらう

ラリーの中で手ごたえのあるショットを打ち対戦相手はトップスピンの構えからスライスの構えになりました。またはオフバランスになったので、そこですかさずネットを取り返球はボレーで捉えるようにします。

これはあらかじめ短いボールを予測してネットに出るのアプローチショットではありません。相手の体制次第になるのでスティールになります。

相手がスライスで構えたりオフバランスになった瞬間爆発的な勢いでネットを奪います。

ボレーに出ない判断も勇気です

やはり平均的にパッシングショットの能力が上がっているので、そう安易にネットにでることはできません。

バックハンドに来た浅いショットをスライスでアプローチももちろん戦術的な選択することはかまいません。

ただし対戦相手にわざとおびき寄せられている可能性もあります。大事な場面ではスライス・アプローチや効果のないアプローチになった場合は、すぐにベースライン後方にポジションを確保するのも選択肢の中の一つです。

最新情報をチェックしよう!
>ひできかねこブログ

ひできかねこブログ

皆さんのテニスを通じてのライフスタイルに貢献します!